茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 皆さんこんにちは。本日は雨の日に起こる関節の痛みの原因と効果のある食べ物についてお話させていただきます。

 雨の日は気圧が下がり、体内でヒスタミンという物質が増えます。
ヒスタミンは体に様々な影響を与えますが、大きな物として副交換神経への影響と血管の拡張があります。副交感神経へ影響がおこり、自律神経のバランスが乱れると気分が落ちたり、痛みに敏感になります。またヒスタミンが増えると関節が炎症を起こすので、痛みを発生させます。膝に痛みが出る方が多いですが、膝などの関節部分の骨がすり減っている場合はそこが炎症してしまうからです。

 雨の日の関節の痛みに効果のある成分としては、ビタミンC、カルシウム、コラーゲンがあげられます。ビタミンCは副腎皮質ホルモンの原料として使われるので、自律神経のバランスを整え、ストレスを減らす効果があります。カルシウムは骨を強くするだけでなく、痛覚がある神経をなだめる効果があるため雨の日の関節の痛みを和らげる事ができます。そしてコラーゲンは軟骨の主成分であり、すり減った関節を補強することができるので、痛みを軽減することが出来ます。

 また、雨の日の関節の痛みでお悩みの方は是非当施術所に足を運んでみて下さい。

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP