茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

皆さんこんにちは(^^)前回の身体の水分の関係①の続きです。

体内の水の役割ですが、①栄養を運び老廃物を集める。②老廃物を外へ排出する。でしたね。

③は汗を出して体温を調節するにも水は関わりがあります。気温が高くなると汗として、水分を蒸発させて体温が下がるようにしています。普段汗をかかない人は、体の中の水分が減っている可能性があります。

体内における水の役割は健康の維持だけてはなく生きる上で欠かせません。それだけ大切な事なのですね。

それでは今日の本題です(^^)

今日は体からどれだけの水分が1日出ているのでしょうか?

①尿として1日に平均で1.2リットル程度が排出しています。1日の老廃物を排出するには最低でも500ミリリットルの尿が必要になります。また便には100ミリリットルほど含まれます。

②不感蒸泄として目に見えない形でも水は失われます。それは呼吸や皮膚から蒸発しています。1日で、およそ1000ミリリットルの水が失われます。

③汗として体温を調節するために常に働いています。体温を上げない為に汗を出して維持しているのですね。

つまり、1日に体からどれぐらい水が失われているのか?ですが、、、

1日におよそ2300ミリリットルの水分を失っていたのです❗今回色々調べていて私自身衝撃の結果なのです。

やはり、水はこまめに摂取しなくては体の痛みも病気にしても良くなりませんね(*_*)

皆さんも気を付けて水分を飲んで下さいね(^^)

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP