茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 みなさんこんにちは! 5月も残すところ後僅かになり、もうすぐ6月に入りますね。この時期といえば、学生さんなら部活などで大会があったりとオンシーズンに入る方も多いのではないでしょうか?そういう時期に必ずといっていいほど怪我が発生します。中にはその怪我の為に大会に出られない方もいるくらいです。今回はそれらの怪我の中でも比較的発生頻度の高い膝の怪我についてお話ししていきます。
  膝の関節はシンプルな動きながら非常に複雑でデリケートな構造をしています。太腿の筋肉やふくらはぎの筋肉が集まるだけでなく、複数の靭帯によって動きの制限及び関節の保護をしています。実は実際のスポーツ動作で痛め易いのはこの靭帯の部分です。大きく膝の動きの制限に関わってくる靭帯には、内側・外側側副靭帯、前・後十字靭帯の四種があり、それぞれ膝か左右前後にずれないように制限をかけています。日常生活に於いてはあまり痛める事が無いのですが、スポーツ動作の様に膝が不安定になるシチュエーションで力を発揮しなければならない事になると一気に怪我のリスクが上がります。
 これらの靭帯は残念ながら一度伸びたり切れたりすると自力での再生が困難です。ですので常日頃から膝周りの筋肉を鍛えたり、正しいフォームの習得等を心がけて怪我を未然に防ぐ事が出来るようにしていきましょう。それでも怪我をしてしまう事は有ります。そういった時は是非当施術所にご相談下さいね。

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP