茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 徐々に気温も下がってきて、身体も冷えてきている事と思います。それはこれからどんどんと厳しくなってくると思いますが、年々上昇していっているのが高齢者の突然死というものです。これはTVなどでも多く放送されている事にもなっていると思いますが、ここでもお話をしていこうかと思います。まず冬場での高齢者の突然死は脳梗塞が原因になっている事が多いです。これは風呂場での脳梗塞になるのですが、気温差が血管に負担をかけてしまっているのです。これは風呂場で起こるものが多いのですが、風呂場に向かう際にも気をつけないといけない事があります。

 まずは暖かい部屋からの移動で、寒い通路に出た時に身体がどんどんと冷えてきます。ここではまだ衣服をまとっているのですが、特に温かい格好に変わっている訳ではないので、体温は下がります。そして風呂場についた時には衣服を脱いでお風呂場に入ります。この時に更に体温は下がってしまうので、かなり血管は収縮している状態です。そして入浴時にはいきなり暖かい状態のお風呂に浸かっていくので、体温の上昇とともに血圧が変動してしまうので失神したり、脳梗塞や心筋梗塞などになってしまいます。このことをヒートショックと言います。

 これからの季節はこのような事には細心の注意を測って行動していかないといけません。寒くなる季節にしっかりとした予防をしていきましょう!

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP