茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 みなさんこんにちは!今年も残すところあと少しですね!良い年になるといいですね(^^)/

 今回は肘をついて寝るとどのような事が起こるのかについてお話ししていきますね。座りながらテーブルに肘をついて仮眠したり、テレビを見ながら片肘をついてうたた寝していたりなどの経験はありませんか?起きた時に、手が痺れる、肘が伸ばしにくい、指の感覚がないなどといった事が起きやすいです。原因として考えられるのは、ずっと肘を曲げて寝ていた為、筋肉がその状態で固まってしまった事と、肘をついていた事で肘を通っている神経をずっと圧迫してしまっていた事にあります。時間とともに回復してくれたら良いですが、最悪の場合は神経麻痺を起こしてしまう事も少なからずありますからね。出来る限り、寝る時はベッドの上で寝てもらう方が良いですし、無理な体勢で寝ないように心がけてみて下さいね!

 施術としましては、肘に関係している腕の筋肉を指で施術してバランスを良くしていきます。そうする事で神経を圧迫している筋肉が緩んでくれますので、痺れの軽減に繋がっていきます。痛みだしたら、すぐに施術する事が大事ですよ!

 万が一、そのような痛みや痺れでお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽に当施術所までご連絡下さい!

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP