茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 みなさんこんにちは。みなさんの中には日常的にスポーツをしている方も多いと思います。スポーツをする以上やはり注意しなければならないのが怪我です。特に社会人でスポーツをされている方は、怪我により仕事が出来なくなってしまったら最悪生活していく事ができなくなってしまいます。そうならない為にも常に怪我を未然に防ぐ努力をしていく必要があります。では具体的には何をしていくべきか?色々と方法がありますが、取り組みやすいものでいえばストレッチと筋トレが挙げられます。今回は怪我を未然に防ぐ為の筋トレについてお話していこうと思います。
 スポーツ中によく怪我をしやすい部位としては足首や膝などがあります。特に足首は一度怪我をすると癖になるといわれていますが、これも原因の一つに筋力の低下があります。足首をサポートする脛の筋力が低下すると足首の安定性が低下して足を捻り易くなってしまいます。そうならない為には脛の筋肉を鍛えてあげる必要があります。どうやって鍛えるのかというと足首を上に挙げる動作、つま先を自分側に向けて足首を曲げてくる動作に負荷を掛けることで鍛える事が出来ます。簡単なものではタオルを柱に括り付けてそのタオルを足の甲にひっかけます。あとはその状態で足首を自分側に引っ張ってきてあげます。この動作を繰り返すと脛の筋肉の筋トレができます。
 まだまだ他にも予防の為の筋トレはたくさんありますので興味のある方は是非一度ご相談下さい。

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP