茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

靴底のすり減り具合に付いて、悩まれている方はいませんか??靴底が擦り減っていくのは基本的には当たり前な事になるのですが、その靴底の減り具合が左右対称ではない状態があります。そのような状態になってしまっている場合は身体に歪みがあります。片方の靴底がすり減る事が多い、つま先や踵がすり減る場合が多い、内側や外側などの靴底のすり減りなど様々な減り方がある中でどのように靴底がすり減るかで体の歪みがわかります。

まずは最近来られた利用者さんで、右足の外側の底が擦り減ってしまっている人でした。その方はO脚で体重が右足に乗ってしまっている人で、右の腰を痛めてしまっている方だったのでその状態になってしまっているのはわかりました。これは完全に背骨の歪みが靴底に現れている状態と言えます。背骨が歪んでしまっている事で、片足に体重がのってしまうので靴の底を擦ってしまい靴底が無くなってしまいます。これらを続けていくと靴底が減ってしまってさらに体の傾きが強くなってしまい、負担が増えてしまいます。

これらの事が身体に良いことではないのは、容易に想像することが出来るので、まずは背骨の歪みを整えて、筋肉の柔軟性を出していけると大丈夫です。一度靴底を見てみてください^^

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP