茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 みなさんこんにちは!暖かくなり始めているのか天気が安定しない日が続いていますね。天気が安定しないと気分もあまりよくないです。ただ、気分以外にも天気が悪いと出てくる影響があります。例えば体の痛みなどです。天気が悪い場合、多くは低気圧の影響が大きいです。気圧が低くなるとその地域に周囲から空気が集まり上昇気流が生まれるため、雨雲が発達しやすく天気が崩れやすいのです。低気圧は天気を悪くするだけでなく、人体にも影響を与えます。気圧が低くなると人体内部の圧力と外気の圧力に差が生まれてしまい、相対的に内圧が高くなります。そうすると体が膨らむような力が加わるため、普段から負担のかかっている伸縮性の乏しくなってしまった筋肉や靭帯が無理に伸ばされるような状態が続きます。この状態のせいで雨の日には肩や腰が晴れの日よりも辛く感じたりします。事故などで大怪我をしたことがある人が、雨の日に古傷が痛むと言われるのもこの影響だと思われます。一度痛めてしまった筋肉や靭帯は伸縮性が乏しくなるからです。

 このように天気の変化によって体の状態にも影響があるので普段から筋肉を柔軟に保つためにもストレッチなどのセルフケアを積極的に行っていきましょう!当施術所では電気を流して筋肉の柔軟性を高める機械も扱っているので興味のある方はお気軽にお声かけください。

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP