茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 皆さんこんにちは!冬も半ばを迎え寒さも本格的になってきました。寒くなってくる、天候が悪くなると「古傷が痛む」といった言葉をよく耳にすると思います。もしかしたら実際に経験している方もおられると思います。当施術所を利用されている方もたまに使われている言葉で私も耳にすることがあります。では、なぜ寒くなると古傷が痛くなるのでしょうか?

 主な原因として血行不良と交感神経の働きにあります。怪我を負うとその場所には傷痕が残ったり、施術で良くなったとしても筋肉や神経に少なからずダメージが残っている場合があります。このような古傷の周りにある筋肉には傷が残ることにより、血液の流れが悪くなると痛みを引き起こしたり、スムーズに筋肉を動かしづらくなります。また、天候が悪くなることで人間の体にある交感神経が刺激されることで分泌されるホルモンによって痛みを感じとると考えられています。

 なので、寒さで古傷が痛む方はお風呂にゆっくり入る、カイロなどを活用して体を温めて血行を良くするように心がけるようにしましょう。また、古傷周りの筋肉を施術する、適度な運動を取り入れて血行を良くするのも効果的です。当施術所でも筋肉に対して血行を良くする施術を行っていますので、血液循環でお困りの方や古傷が痛むといった方は当施術所までご連絡ください。

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP