茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 みなさん体のケアは出来ていますか?体のケアと言ってどんなことが思い浮かびますか?ケアは様々ありますよね。例えばお肌のケアや食事による体調のケア、筋肉の疲れを取る為のケアなど色々あります。

 今回は体のダルさをとるケアをお伝えしていきますね。体のダルさをとる為のケアを今回は3つお伝えしていきます。1つ目はお風呂につかること2つ目はお風呂後のストレッチ3つ目は軽い運動です。1つ目のケアは、簡単ですが、今回は質を上げていきましょう。キーポイントは3つです。温度・浸かる時間・浸かりながらの筋肉のストレッチです。

 温度は少し熱いとは思いますが、42度で浸かりましょう。体温が40度以上になると痛んだ細胞を修復してくれるタンパク質ヒートショックプロテインが活性化されると言われています。温度を少し上げるだけでも体に対しての効果が変わります。疲れもいつもより取れやすくなるかもしれません。

 次に浸かる時間です。時間は20分は使ってみましょう。体温が上昇するには時間もかかります。ですからまずはお風呂に浸かる時間も変えていきましょう。

 次に浸かりながらの筋肉のストレッチです。今回はふくらはぎについてです。第二の心臓とも言われるくらい大切な場所です。浸かりながらふくらはぎを両手で掴みます。この時親指はふくらはぎを押せる位置にして下さい。次にふくらはぎを簡単に1/3ずつして3つのポイントを5秒間押してあげて下さい。これだけでもふくらはぎの血流はよくなり筋肉の柔軟性も上がります。今回は3つの内1つお伝えしましたが、今月の後半に残りの2つをお伝えしていきますね。

 みなさんの中で、お体の痛みで悩んでらっしゃる方がいたらぜひ気軽に当院までお越し下さい

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP