茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

 みなさんこんにちは!7月に入ったとはいえまだ涼しい日が多いですね!夜なんかは涼しい風が吹いていて、過ごし易いと感じます。そこで夏の体調不良に気をつけて下さいね!わたしはといいますと。新品の靴で水たまりにダイブしてしまい、早くも梅雨に嫌気がさしています!

 夏になると欠かせないのはやはり冷房ですね。時代と共にどんどん進化してきていると感じています。ですが、中には冷房でお体を悪くした方もいらっしゃるのではないでしょうか?「冷え」とは思う以上に体には毒になるときがあります。そこで知らず知らずのうちに影響を受けやすいのがふくらはぎです。冷気とは重く下に溜まり易く、暖気は上に逃げていきます。体幹では普通でも、足元のふくらはぎは徐々に冷えていっています。

 ふくらはぎは人に体に血液を送り返すポンプの役割もしており「第2の心臓」とも言われます。さらに歩行や着地といったものに対してクッションの役目もしています。なので、筋肉が冷え固まってしまうとうまく血液をめぐらせることができず、さらにクッションとしても機能できなくなります。そうなると体力の回復力が落ちたり、腰からの負担もかかってきます。

 ふくらはぎは人体でも大きい筋肉にあたり、疲労や冷えを気づきにくい箇所になります。冷えや疲労で筋肉か硬くなり、負担を感じる前にお風呂や、ストレッチなどでケアをしてふくらはぎを良い状態にキープしましょう!

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP