茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」

夏に向けてもあるが、この時期に注意していきたいのが熱中症や日射病です。この梅雨の時期から熱中症は出てきます。この時期になると雨の日も多くなってくるので湿気が多くなってきてしまいます。そして湿気が多くなってしまっているところに、気温も高くなってしまうのでかなり身体に湿気がまとわりつくような不快感も感じてしまっているのではないでしょうか??

そんな時期に気になるのは、湿気があるのに熱中症になるの?という疑問です。熱中症はしっかりと体内の水分やミネラルを保つ事によって起こりにくくしていこうとします。ですが湿気も水分なので、このような状態になりにくいのでは無いかと考えます。ですがそれは間違いで、水分を取るのは、体から汗と一緒に熱を体の外に出す為に体の中の水分が少なくなるため、摂取するようにしていきます。ですが、あまりにも湿気が多く気温も高い状態になってしまうと、ムシムシとした状態になり身体にまとわりついている状態になってしまいます。この状態が危険なのです。その状態になってしまうと、湿気が体にまとわりついているので汗と一緒に高くなった体温を外に逃がす事ができないのです。その状態になってしまうと、水分をとっても体を冷やしても、すぐには楽な状態に戻りません。まずはその状態になる前に、予防と対策をしていきましょう!!

対策は水分をこまめに取るのと、塩分をこまめに取っていくことです。予防としては、当院でしている整体で自律神経を整えていくようにしていく事です。筋肉の施術で血液の循環を良くすることも大事ですが、自律神経を整えていく事は内臓機能も正常に動いてもらう為にも必要なことになります。こういった予防と対策を早い段階からしていきましょう。

茨木市で整体なら「茨木ゆがみ整骨院」 PAGETOP